*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産(手術)当日の事
出産(手術)当日の事を書いてみました。



思い出しつつ思い出しつつ、あれもこれもと思っていたら、

何だかとりとめのない文章になってしまった気もしますが、

お暇でしたらお付き合い下さい。

長文ですよ(;´-`)...。





*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*





手術当日はものすごく天気の良い日でした。



いつもより早く目が覚めて・・・というか、

あまり眠れませんでした。

このお腹ともバイバイなんだなぁ。とか、

傷のないお腹を見るのは今日が最後なんだと・・・とか

かなりナーバスになっていました。



予定より早くちょこちょこっと準備を始めていたら、

だんなも予定より早く起きてきて、思ったより早く家を出ることになりました。



だんなは、この日の朝から写真を撮りまくっていて、

家を出る前の私や、空や家の風景、病院の写真などなど

あらゆる所を撮っていました。



病院には、9時にベビールーム前到着で良かったんですが、

駐車場に着いたのが8時20分。

ベビールーム前に着いたのが8時30分でした。


看護師さんに「今日帝王切開の○○です」と言うと、

「9時まで待ってて」と言われるのみ。

とても忙しいみたいで、術後だけを過ごす部屋も空いていないようでした。



そして、ベビールーム前にはぞくぞくと妊婦さんが集合しました。

事前の説明では、予定帝王切開は一日2人と聞いていたから、

4人ぐらい妊婦さんが集まったときには、ふたりして「?」でした。



30分ほど待って、ようやく術後を過ごす部屋に案内されました。

看護師さんがすぐに来て、色んな用意がされていって、

ああ、いよいよなんだ・・・と思ったのも束の間、

用意が済んだ途端に、誰も来ず・・・。

とりあえず時間が過ぎるのが遅く感じて、ちょっと退屈。



ようやく最後のエコーを確認しに先生がやってきて、逆子であることを確認。

この先、もし回ったとしても手術だからと念を押されて手術が確定しました。



手術の順番は当日にとの事だったので、

いつわかるのかなぁと思っていたら、もう既に1番目の方が入られていて、

私は2番目になっていました。

そして、手術の先生も未定・・・。

早くても12時には終わるかな?との事だったけど、

中々呼ばれず・・・また退屈。そして、ちょっと不安でした。



12時を過ぎてからやっと手術の用意を促されて、

いざ手術室へ向かいました。



先に私一人で入って、剃毛や足にポンプをつけるやら・・・

看護師さんの楽しい?世間話、病院の裏話みたいなのを聞きながら

準備が進んでいきました。

そして、麻酔をかける時になりました。

これが思いのほか大変!!

背中に麻酔を打つんだけど、打つ時に背中を丸くしないといけなくて、

大きなお腹をしているのに背中を丸めるのは至難の業。

看護師さんらが総出で足と背中を寄せて、背中を丸めてくれました。

お腹が大きいと、背中を丸める事ないですから・・・

マジで「赤ちゃんが潰れるんじゃない?」って思ってしまいました。



ああそう、麻酔は地味に痛かったです(^_^;)



だんだん麻酔が効いてきて、ここで先生が入ってきました。

まず、サブでついてくれる先生が、

不妊センターで何度かお世話になった、通称第3のdr.

そして執刀医師が、最後の2回の健診を担当してくれていた先生でした。



先生は診察したことを覚えていてくれていて、

励ましながら手術をしてくださり、

切っている間は、看護師さんがずっと手を握っていてくれていました。

恐がりの私は、とっても心強かったなぁ(ノД`)・゚・。



手術の痛みは無いものの、押されたり引っ張られたりする感覚はあって、

その度に、今何をしているのかを逐一実況してくれていました。



そして、どんどん手術は進んでいき、

やっとだんなが手術室に入ってきました。

もう赤ちゃんを出すぞって時。

この時、張り巡らせていた糸が切れたかのように

何故か涙がぽろぽろ出てきて止まりませんでした。

だんなの顔をみてほっとしたのかもしれません。



だんなが私のそばに座ってすぐに、

先生から「子宮を切るよ。羊水はきれいやね」と説明があって、

その後先生の「赤ちゃん出るよ」の声に、

看護師さん(麻酔の先生だったかな?)が、

「頭上げようね」と頭をぐいっと上げてくれて、

赤ちゃんが産まれてくる瞬間をだんなと二人で見ました。



ほんとに感動しました。



赤ちゃんは、泣き声を上げる前に胎便を出してから泣き始めました。

とっても元気に見えて、一安心しました。



赤ちゃんはすぐに処置台で簡単な処置をしてもらって、

その後3人で初めての写真を撮ってもらいました。



その後は、赤ちゃんの色んな計測や検査と、

私の残りの処置もあったので、

赤ちゃんについてだんなは手術室を出ていってしまいました。



お腹を閉じる処置をしてもらっている間、

看護師さんから、赤ちゃんの体重や身長、

五体満足かなど、次々入ってくる事を報告してくださいました。



そして、逆子になった理由も判明しました。



赤ちゃんと私を繋いでいた臍の緒がものすごく短かったため、

そのせいで赤ちゃんは頭を下に出来なかったようです。

もし無理に自然分娩していたら、えらい事になっていたと。

そして、胎便についても説明があって、

お腹を切って赤ちゃんを出すという、

自然分娩よりも赤ちゃんに対する衝撃が少ない出産なのに

ちょっとの衝撃で赤ちゃんが胎便を出したと言うことは、

これが自然分娩なら羊水の中で赤ちゃんが胎便を出し、

それを飲み込んで感染を引き起こしたりして、

これもまたえらい事になっていたでしょうとの事でした。



だから、帝王切開で正解だったんですね・・・。



そんな事なんかを話してもらいながら、手術は終了しました。

正味20分の出来事でした。






そう言えば、後日にだんなから話してもらったんですが、

だんなは、私の切ったお腹の中をしっかり見たそうです。

帝王切開のイメージって、

胸から下は隠されているイメージを勝手に持っていたのですが、

結構オープンな感じだったそうです(^_^;)

血が苦手で怖がりなのに、よく立ち会ってくれたと思います。



立ち会ってくれたことと言い、

術後や入院生活を支えてくれたことと言い、

本当にだんながいなければどうなっていたんだろう?と思うぐらい

色んな事を助けて、支えて、励まして、

一緒にこの出産を迎えてくれました。

だんなは、このブログは読まないけれど、

本当にありがとうと伝えたいです。


だんなの子を産めて良かったです。





(↓ぽちっとワンクリックしてくれたらうれしいです♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : 妊娠・出産
ジャンル : 結婚・家庭生活

Secret
(非公開コメント受付中)

感動!!
赤ちゃん自信が自分を守ろうとしていたんですね!!
なんだか、神秘的なお話に感動しちゃいましたe-257

でも、帝王切開で旦那様が入室できるなんて凄いですね!
ドキドキしながら読ませていただきましたv-354

ほんとにお疲れ様でした!!
育児奮闘してますか??
感動・・・
うちさん、ほんとによく頑張ったんですね(涙)
怖かった気持ち、旦那さんを見て涙が出た気持ち、よくわかります!

私も今週末の健診で9ヵ月ですが、このまま逆子ちゃんなら帝王切開やし、参考になりました^^;
第3のDrとは何かと縁がある私、、、帝王切開でまた会ったりして~

私も旦那さんの都合さえ会えば、立ち会ってもらうつもりでいます♪
(逃げられそうやけどw)
いもこさんへ
こんにちは!
お返事が遅くなってスイマセンです。。。

本当に・・・自分の子の事ながら、
赤ちゃんってすごいなぁと思いました。
お腹の外に出ると無力な赤ちゃんですが、
お腹の中では本当に自分のことをよくわかってるんですね。

毎日育児に奮闘してますよ(>_<)
中々いもこさんのブログにもお邪魔できませんが、
またお暇なら遊びにきてくださいね!
近頃暑いですから、体調崩されないように
楽しいマタニティライフを過ごしてね!
yayoiさんへ
こんにちは!
お返事が遅くなってスイマセンです。。。

そう!第3のドクターだったんですよ~。
これはyayoiさんに報告せねば!と
手術室に入ってすぐに思いました(^^)
yayoiさんの逆子ちゃん、早く直るといいですねぇ。
yayoiさんの参考になれるならすごくうれしいですが、
それよりも、逆子ちゃんが早く直るように祈ってます(>人<)

私達の住む地域も今日も天気が悪いですから、
体調を崩されないようにしてくださいね!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

うち

Author:うち
1976年生まれ。
京都生まれの京都育ち。
33歳の働く主婦です。
結婚して7年目です。
2010年6月息子が産まれました!




☆ブログ村に参加しています。
  同じように悩まれている方の
  ブログがたくさん読めて、
  いつも勉強させてもらったり、
  励まされたりしています。
 
  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
グリムス
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。